ホームページ作成コンセプト・ターゲット

皆さんが、新規サイトを立ち上げるような場合、サイト設計に、必要なマーケティングリサーチを行うとは思われますが、まずは、ターゲットとなる、キーワードなどの選定が、必要となってくるでしょう。

さらには、サイト設計として、そのアウトラインを決めていかなくてはならないのですが、 そこには、何よりも重要とされるのは、ユーザー目線であり、ユーザーにとって利益のあるサイト構築を行っていかなくてはならないでしょう 。

SEOの中でも、重要とされるターゲットのキーワード選定は、ターゲットの絞り込みから始まります。

ターゲットとされるお客様像を得るためには、同業者となるライバルサイトなど訪れてみることも良いかもしれません。

ライバルサイトなどに見られる、ユーザーたちの痕跡や足跡などを探ることで、そのターゲットとなる人物像や、ユーザーのニーズなどが見つかるかもしれません。

ホームページ作成等に関しては、コンセプトが何よりも重要であると言われていますが、コンセプト自身も、ターゲットによる需要が見込めることが何よりも必要不可欠です。

           

             

「評価を受けないということ」

             

皆さんの運営される、Webサイトのコンテンツ内容の質を、下げないためには、オリジナリティのあるコンテンツを制作する必要性が出てきます。

ですが、ホームページやWebサイトを作成したことがある方はご存知であるかと思われますが、実際にサイトを構築していくと、どうしても似かよたようなページができてしまうのは、致し方ない事情でもあるのです。

そのような事情の中で、重複するようなページを生み出さないためには、それぞれのページに、独自性のあるテキストなどを、エッセンスとして加えるなどの手法が、取られてもいるようですが、実際のところは、このような手法は、現実的ではないなどとも言われ、商品の一覧が表示されているようなページにおいては、コンテンツ自体の品質を下げてしまうリスクを負うことは、仕方のないことだと理解されているようです。

また、Google 自身からの評価を、あえて受けないという形にすることで、サイトの品質を下げることを防ぐ効果もあるなどとも言われています。

何よりも、 Google からの評価として、Webサイト全体の価値を下げないということが重要ですので、様々なリスクを回避する中で、Webサイトの価値を保っていくことも重要性があるでしょう。

         

         

デバイスを見分ける力

             

             

皆さんがスマートフォンから、ウェブブサイト画面を見る際、また、ご自宅や職場などでパソコンからウェブ画面を見る場合に、若干異なる画面の表示のレイアウトに気づかれることはありますか?

そこには、様々な手法が行われているようなのですが、

【ダイナミックサービング】

【レスポンシブ Web デザイン】

などは、それぞれに、別の UR で配信するなどといった手法が行われているようです。

【ダイナミックサービング】は、アクセスしてきたユーザーたちの端末を認識することによって、直接的に html を能動的に配信する手法であるようです。端末ごとに設定されているデバイス側の情報をもとに、配信する側のデータを自動的に切り替えているようです。

【レスポンシブ Web デザイン】は、ユーザーたちが、閲覧しているブラウザの幅に、コンテンツの配置などを微調整テクニックであるようです。

また、パソコンとスマートフォンに、それぞれ別々の UR で配信されているケースにおいては、

【パソコン向け】

【スマートフォン向け】

などといったような、デバイスの異なるユーザーの端末に沿った形で、リダイレクトを振り分けている手法になるようです。

このような、それぞれの技術によってパソコンに適している Web サイト画面、スマート Webサイト画面に分類されているようですが、それぞれの技術には一長一短があるため万能な方法はないようです。