ウェブの制作会社に依頼する時は、なるべく目的を明確化してから臨んだ方が成功します。目的は具体的であればあるほど制作会社としても引き受けやすく、理想に近いサイトを作ることが出来ます。ですから「アクセス数を増やしたい」「今のサイトをもっとお洒落なものに変えたい」といった曖昧な目的を伝えても、制作会社は困ってしまいます。確かにサイトのあれこれに疎い会社はこの種の目的を掲げてしまうでしょうし、デザインを細かく指定するだけのセンスが備わっているとも限らないでしょう。しかし本当に勝負するためのサイトを作りたいのであれば、そこから脱却しなければなりません。目的だけではありません。納期も明確に要望した方が無難です。クライアントによっては制作会社に遠慮して敢えて納期を曖昧にする人もいますが、それは誤りです。制作会社もクライアントが納期を指定しなければ、理想に近づけるためになるべく時間を掛けようとします。その時間がクライアントにとって許容範囲であれば問題ないのですが、往々にしてトラブルが生じます。サイト制作の一般的な納期を調べるなどして、事前に決めておきましょう。そしてあと一つ、明確化しておかなければならないものとして予算を挙げておきたいと思います。予算は幅を持たせてはいけません。制作会社は必ず予算の上限を狙って見積もりを出してきます。もし上限に近い価格でスタートすると、急な追加案件に対して支払えなくなってしまいます。予算は「~円以内」と明確に伝えましょう。この時、上限より少し低い数字を提示しましょう。後々の交渉で有利に働くからです。因みにサイト制作の相場はネット上でも紹介されていますから、そちらを参考にすると良いでしょう。