ホームページ作成の際には、まずHTMLを使用し、ページ全体の大まかな構造部分を書くことから始まると言えるでしょう。この過程をきちんと行った上で、スタイルシートを使用して見栄えの部分といったものを整えていくことになり、この際には、整えるべき部分というのをわかりやすくするため、HTMLの中に目印を付けていくと良いでしょう。スタイルシートというのは、「ここのページのこの部分を白に設定したい」という指示からわかるように、ページの見栄え、つまり「スタイル」を細かく指定していくものと言えるでしょう。スタイルシートはcssとも呼ばれ、ブラウザはこのcssを正確に読み取って画面表示へと反映させていくものと言えるでしょう。ブラウザというのは、人間の言葉で「ここのページのこの部分」と言われたところで理解ができないと言え、場所の指示をするために、私たちはHTMLに目印を付ける必要があるでしょう。これにより「HTMLの目印を付けている部分を白にする」といったブラウザでも理解できるような言語として変化させていくという働きがcssの役割であると言えるでしょう。ブラウザは、このcssを読み込む時には既にHTMLを読み込んでいるため、目印をHTMLに付けることで、その目標とcssを効率的に結びつけることができるため、先にHTMLを書いておくという事が重要になってくると言えるでしょう。cssとしてHTMLに付ける目印というのは「タグ名」「id」「class」という3種類があり、これらをHTMLに付けた後、テキストエディタを使用し、それぞれの目印に対し、css構文を使用し、スタイルの定義を書いていくという流れが、基本的なページ構築の始まりと言えるでしょう。作成されたファイルは「style.css」といったように拡張子「.css」を付けて保存するようにしましょう。