・ドメインとは
ドメインをわかりやすく例えるとwebサイトの住所です。インターネットを使う人は、その住所にアクセスすることで、そこにあるページを見ることが出来ます。
ドメインも現実世界の住所と同様に、他のwebサイトと同じドメインを使うことはできません。もしインターネット上に同じドメインが多数存在したとしましょう。その場合は、閲覧者が見たいwebサイトとは別のサイトを開いてしまう可能性があるでしょう。
そのため、ドメインは世界中で唯一のものである必要があります。
・独自ドメイン導入のメリット
独自ドメインとはユーザーが自由に名前を決めることのできるドメインを指します。
一方、サブドメインやサブディレクトリは既存のドメインを複数に分割して割り当てるドメインを指します。
サブドメインは、わかりやすく例えると他人の家を借りているような状態です。信用を要するビジネスですと他人のドメインでwebサイトを公開していることに不信感を抱く人もいる為、独自ドメインをおすすめします。
独自ドメインという個人の住所を持つことにより、来訪者に信頼性のあるwebサイトであるという印象を与えることができます。
また、独自ドメインはサーバーを引越ししても維持費を支払っていれば引き続き使用することが可能です。ドメインは長く使用するほど、検索エンジンからの評価が高くなるためSEOにも有利というメリットが挙げられます。
・ドメイン名のポイント
独自ドメインを導入するにあたり、ドメイン名を決めなくてはなりません。
ここではドメイン名を決める際のポイントについてご紹介します。
・サービス名や法人名がわかる名前にする
有名なwebサイトを例にすると検索エンジンのYahoo!JAPANのドメイン名は「Yahoo.co.jp」となります。サービス名や法人名とも一致していますし、誰が見てもYahoo!JAPANのwebサイトであることがわかります。