現在ではオウンドメディアを使った情報発信も増えており、さまざまな工夫がなされています。例えば、英会話教室のホームページであっても「英語に慣れるための方法5選」「オススメのリスニング方法」などといった記事が掲載されているのを見たことがあると思います。実際は英会話教室のホームページであるのに、お役立ち情報を載せてくれているのです。つまり、「特定の企業が運営しているメディア」と言えます。オウンドメディア自体は自社のブログやメールマガジンというものも該当しますが、基本的には記事掲載をするものを指しているようです。現代は、広告というものにマイナスイメージを持っている人が非常に多いと言えます。一昔前には、邪魔をするようにバナーが表示されたり、ポップアップ広告が出てきたりという手法が多く使われていました。多くの人は「こちらが頼んでいないのに、無理やり見せてくるもの」というイメージを持ってしまっています。そのため、企業の広告は出し方を考えて、無理やり広告を押し付けるのではなく「潜在的に物を欲しいと思っている人に向けて広告を発信する」という方法を取るようになりました。つまり、自社のメディアとして商品やサービスに関する情報を発信して、まずはユーザーに知ってもらおうという戦法です。無理に押し付けているわけではないので負担なく見てもらいやすくなりますし、元々興味を持っていた人は、メディアを見たきっかけに利用しようと思うかもしれません。現在においては、いかに感心を持ってもらうかという部分がキーとなっています。無理に売り込んでいるわけではないため、記事が興味深いものであれば、ユーザーは自発的にSNSで拡散をしてくれるというメリットもあります。