会社のホームページ制作でCMSを使うことは、無料で手軽に使えるという大きなメリットがあります。専門知識のない初心者であっても利用ができるため、ホームページ制作会社に頼まなくてもホームページの運営をすることが可能になっています。一方で多くのデメリットも考えられており、場合によっては運営に躓いてしまうことも考えられます。まず、CMSの操作についてです。もちろんHTMLなどと比べれば非常に使いやすく、初心者でも簡単に習得できるシステムです。とは言え、初めから全てを使いこなすことはできません。周りで操作に詳しい人がいれば飲み込みも早くなりますが、完全独学の状態となるとそれなりの時間がかかってしまいます。また、元々あまりパソコンに詳しくないという人であれば、操作が簡単といっても1から勉強をすることになってしまいます。CMSは慣れた人には良いですが、あくまでフリーで使えるシステムになるのでアフターフォローをしてもらえません。システムについて運営会社に聞きたいと思っても、自分で調べて解決をしなければなりません。もしも企業ホームページにトラブルが起きてしまった場合、すぐに対応しなければならないにも関わらず、操作に手間取ってしまい時間がかかってしまったということも考えられます。また、社内でCMSの使い方を周知しておかなくては、もしWeb担当者が退職してしまった場合、1から勉強しなければならないという事態にもなりかねません。場所によってはCMSの講習を受けられるところもあるそうですが、結局勉強をするための費用、人件費などがかかってしまうことを考えると、知識がない場合には初めからホームページ制作会社に任せた方が安心という場合もあり得るのです。