Web サイト運営を開始するにあたり、コンテンツの内容を煮詰めていくことは、ニーズの高いコンテンツ作りにつながる構成を生み出すきっかけとなるでしょう。

実際に 、Web サイトをゼロから開始するとなると、まずは、Web コンテンツを作成する上で、重要な骨組みを作成していくことになります。

このウェブサイトの骨組みは、アウトラインなどとも言われていますが、実際には、ウェブサイトの設計図と言えるようなものです。

トップページには、どんな内容を組み込み、そこからどのような形でお客様に、目的のページまで進んでいただくのかといったような、 Web サイトに訪れるユーザーたちの行動パターンなどを、ある程度ストーリー化した、あらすじの中で、ユーザーたちが実際にサイト内で行動をするようなパターンをいくつか探り当てていくことになるでしょう。

実際のコンテンツ制作は、コンテンツ内容の細かな文章を作成することからスタートするのではなく、大見出し小見出しと言った形でトピック内容をまずは、大まかに取り決めしていくことなどが一般的です。

この大見出し、小見出しと言われるようなトピックは、実際にユーザーたちの有益になるような情報を読み取れるような形で表示することが望ましいです。

相手にとって実際に、自分たちの調べたかった内容が、トピックをながめながら、「ここにあった!」などといった形での、トピックワードが目印となって、ユーザー達はサイト上を行き来するアウトラインとなります。

トピックが実際に、きちんと整理されたサイト内は、ユーザーにとって大変分かりやすいコンテンツとなるでしょう。